静岡県焼津市を拠点に静岡市、清水、藤枝市、島田市、牧の原市のみなさまの住宅の塗り替えリフォーム・外壁塗装をご提供する「岩田塗装店」です。

静岡県焼津市五ケ堀之内572
0120-962-687

営業時間:9:00〜19:00

コラム

2016.7.16

年々増加をしている熱中症と職人としての対策について

プレゼンテーション1

いわた
こんにちは!岩田です!例年この時期は塗り替え工事の依頼が少ないのですが、今年は多くの方からお問い合わせをいただいています。

本当にありがとうございます<m(__)m>

ここの所、暑い日が続いています。私達は、普段から注意していますが、室内にいても熱中症の危険性は高いので、皆さんも注意して下さいね。

熱中症とは

熱中症は過度な運動や暑さによって引き起こされる、体の過剰反応による障害についての総称です。
以前は熱射病や日射病と呼ばれていましたが、現在では総称して熱中症と呼ばれるようになりました。
暑さによるものを熱射病、太陽光によるものを日射病と区別していた時期もありましたが、症状や対策が似ていることから、それら全てを含めて熱中症と呼ばれるようになりました。

熱中症は体の体温を維持しようとする体の生理現象が、正常に行われなくなってしまうことによって引き起こされます。
体温調節には汗を分泌することで体は対応しようとしますが、汗を分泌するのに必要な水分やミネラルが不足してしまうと、汗を十分に分泌することができなくなってしまい、体温が上昇し続ける状態となってしまいます。

めまいや吐き気、手足のしびれなど症状は様々で、そのまま放置をしてしまうと意識障害や痙攣を引き起こし、やがては死に至ることもあります。

熱中症になった時の対策

熱中症は外仕事を行う方が発祥される割合が高く、熱い環境で常に太陽の光を浴びている際に危険度は高くなります。
最初は軽い症状のため気づきにくいのですが、少しずつ重い症状となり動くことができなくなってしまいます。
熱中症の症状と疑われる体の変化を感じた際には、普段よりも多くの水分や塩分を取り、汗が出やすい状態を保てるように工夫をするのがよいでしょう。

また炎天下にいてはなかなか症状は治まりません。
日陰に移動し体を休め、ゆっくりと呼吸を整えるようにするのも大切です。
体温の上昇が顕著に表れている際には、首や脇に冷たいものを当てて体を冷やす必要があります。
水分や塩分などの補給も大切ですが、体の熱が収まらなければ補給が追いつかなくなってしまう可能性もありますので、注意が必要です。

場合によっては自分だけでは対処しきれないことにもなりますので、体の異常を感じたら周囲の方に声をかけて休養をとることをオススメします。

熱中症にならない為の対策

0I9A011215041203ramuneuma_TP_V

熱中症予防には十分な水分や塩分、ミネラルの補給が必要不可欠です。
体温調節には汗が重要な役割を担うため、汗の成分を枯渇させないように気を配る必要があります。
暑いと感じる前に対策をとる必要があるので、気温の上昇が見込まれる際には普段よりも多くの補給ができるように準備をしておきましょう。

近年は熱中症の症状で医療機関へ搬送されるケースが多くなり、外での活動を制限するといったことも多くなってきましたが、外で行う仕事を制限してしまっては業務を円滑に行うことができません。
小中学校では気温が一定以上になったら屋外での事業は自粛し、室内での事業に切り替えるように対策を行っていますが、仕事となると自粛することは難しく、都合良く室内作業に切り替えるのも難しいものです。
外仕事を行う方は定期的に涼しいところで休憩がとれるようにし、長時間炎天下に晒されてしまわないように対策を練っておくことが望ましいと言えます。

建築・土木関連の企業では特に多くの対策をとるようになっており、1時間ごとの休憩や熱中症対策グッズを利用、過度な業務となら内容に作業工程を見直すなど、他業種よりも積極的に熱中症予防を心がけるようになっています。
頭部、特に後頭部を冷やすネットや塩分を多く含む飴などは最近小売店でも見かけられるようになりましたが、このような対策グッズは建築・土木に携わる方は以前より関連企業より薦められ利用していました。
また、熱中症対策の安全協議会にて作業員一人一人の意識を向上させる取り組みもされています。
熱中症の予防は最終的には個人の対策・準備が必要不可欠なものとなるため、「自分は大丈夫」、「暑さには強い」などと過信せずに、十分すぎるほどの対策を考えておくことが大切と言えるでしょう。

気候の変化に注意

夏は暑いものですが、昔と比べて今の夏は猛暑となることが多くなり、熱中症の危険度が高まっています。
朝晩の気温は涼しくても日中の気温が急上昇することは多くありますし、日中の暑さが夜になっても残ってしまっていることも少なくありません。
近年では局地的な豪雨が起きやすくなっており、それと同じように局地的な気温の上昇も起こりやすくなっているのが現状です。
熱中症は気候の変化が著しい環境でより発症しやすくなるものですので、常に天気や気温に気を配って外での活動を考えていくことが必要となります。

また夏の太陽の日差しはとても強く、気温の上昇が緩やかであっても直接太陽の光を浴びている状態が長時間続くと、急激な体温上昇が起こってしまう可能性があります。

熱中症は今や社会的問題です。

一人一人の予防意識が熱中症の発症を抑えるためには重要であり、自分だけでなく周囲の方への気配りも忘れてはいけません。
油断をしてしまうことなく熱中症の予防、そして万が一その症状が疑われる際に備えて、十分な対策を講じ、素早く対処できるように備えておくことが求められます。

他人事だと思わないで、皆さんも気を付けてくださいね(^^)

リフォームローン E-bookダウンロード 資料請求・お見積もりお気軽にお問い合わせください!

施工実績

塗装で“新しい表情”に生まれ変わった、お客様のお宅をご紹介します。

その他施工事例
焼津で1番の施工実績:プレマテックスバナー タテイル:プレマテックスバナー マイベストプロバナー グランデ:プレマテックスバナー Youtubeバナー シャダンネオ:プレマテックスバナー